横浜DeNAの春季キャンプ第4クール第1日は18日、沖縄県浦添市の「ANA SPORTS PARK浦添」でヤクルトとの練習試合が行われ、0─1で敗れた。

 2年連続の開幕投手を目指す今永が2回をソロ本塁打のみの1点に抑え、今季初の対外試合で上々のスタートを切った。

 打線は4安打と元気がなかったが、柴田が右越え二塁打を放つなど攻守で存在感を放った。新外国人オースティンも1安打1四球とアピールし、ラミレス監督は「キャンプ前に映像で分析した時よりもフォームが良くなっている」と評価した。

「改善の...    
<記事全文を読む>