広島の矢崎が、春季キャンプで評価を上げている。持ち味の球威で打者を押し込む場面が目立ち、制球のまとまりも出てきた。そこには「やりたいことに集中して取り組んで、それで打たれたら仕方ない。腹をくくっている」という二つの変化が関係している。

...    
<記事全文を読む>