「失敗をすることは大きなチャンスでもあるのだよ」。種市篤暉投手はその言葉にハッとさせられ、自分を見直した。それは1月に行った福岡での自主トレのこと。昨年からホークスの千賀滉大投手の下で行っているトレーニングに、今年はソフトボールの上野由岐子投手も参加をした。日本ソフトボール界のレジェンドは、種市ら若手選手が集う合同自主トレの場で人生哲学を熱く語ってくれた。

 「ボクはどうしても失敗をしたらダメ、嫌だと考えていた。去年は8勝したけど、ずっと負けるのを怖がりながら投げている部分があった。失敗をしたら2軍に落とされるのではないかとビビッていた。上野さんは失敗をすることは大事だと言...    
<記事全文を読む>