横浜DeNAの春季キャンプは17日、1軍が休養日となり、ラミレス監督は沖縄県宜野湾市のアトムホームスタジアム宜野湾で行われた2軍の中日戦を視察した。試合はベイスターズが12─4で勝利した。

 1軍キャンプに帯同している7年目の関根が1─2の五回1死満塁から走者一掃の適時三塁打を放ち逆転。対外試合でプロ初先発を飾ったドラフト1位の森が初のタイムリーを含む2安打1打点と活躍した。外野手のポジションを争う関根について、ラミレス監督は「複数のポジションを守れるのは価値が高い。試合に出る機会は多いと思うのでチャンスをつかんでほしい」とエールを送った。

...    
<記事全文を読む>