また一歩前進した。清宮が九回の先頭に代打として登場。右肘手術後の初打席は、変則左腕の福田と相対した。フルカウントからの7球目。外に逃げていく変化球に体勢を崩されながらも食らいついた。フラフラと上がった打球は左中間にポトリ。初打席初安打をマークした。

 「1球1球タイミングが合ったり、合わなかったり。今までの練習じゃ分からなかったこと、感覚のズレが少し分かった。重ねていけば、もっと良くなるかな」

 また、試合を目の当たりにしたことで自分が遅れていることを再認識した。「きょう実際(打席に)立って、自分がすごい遅れているな、と改めて感じた。早く(戻りたい)という思いは...    
<記事全文を読む>