横浜DeNAの山崎がフリー打撃で初の打撃投手を務め、乙坂、宮崎に計39球を投げた。宮崎には左中間フェンスに運ばれるなど安打性の当たりを4本許したが、「どういう球を投げたら相手がどう感じるのか、ということを重視して投げることができた」と納得の表情だ。

 宝刀ツーシームだけでなく、打者の目先を変えるために習得中のスライダーも織り交ぜた。「精度はまだまだ。実戦で使えるレベルまで上げていきたい」と調整途上を強調していた。(宜野湾)

...    
<記事全文を読む>