BCリーグ信濃グランセローズの柳沢裕一監督(松本市出身)らが12日、県庁に阿部守一知事を訪ね、独立リーグ日本一を目指す今季の意気込みを語った=写真。

 柳沢監督は就任1年目の昨季、球団初の前後期優勝を果たし、西地区を制した。2年目は、台風19号災害の被災者ら多くの県民に喜んでもらえるよう、「精いっぱい頑張り、昨年以上の成績を収めたい」。竹内羊一社長は「昨年活躍した選手が多く残り、補強も順調。日本一を目指し戦っていく」とした。知事は「力を合わせ、素晴らしい成果を上げてほしい」と話した。

 信濃は18日に合同自主トレに入り、3月14日に長野市内で...    
<記事全文を読む>