【宮崎市で運動部・清川航矢】プロ野球は12日、各地でキャンプが行われ、巨人のドラフト1位、堀田賢慎(花巻北中-青森山田高)は宮崎県総合運動公園でネットスローに励んだ。右肘の炎症から復帰に向けて順調にステップを踏んでおり「(肘に)違和感はない。投げられるようになって楽しい」と笑みも見せた。将来を見据え「肘に負担の少ないフォームを目指す」と今後は投球動作の改善に力を入れる。

 第3クール2日目のこの日、堀田は約50球のネットスローに取り組んだ。自分の真下に投げたり、軸足に体重が乗るように後ろにステップしてから投げるなど、工夫しながら繰り返した。

 右肘の炎症は、キャ...    
<記事全文を読む>