浜松市のヤマハ野球部に今季から加入する新入部員三選手が十二日、同市中区中沢町の同社で記者会見し、意気込みを語った。

 新入部員は掛川西高出身の捕手、大本拓海選手(立命館大)をはじめ、投手の清水蓮選手(樹徳高-共栄大)、内野手の永浜晃汰選手(明秀日立高-東北福祉大)で、すでにヤマハの練習に参加している。

 高井正人部長が「県民の期待に応え、明るい話題を提供して盛り上げたい。三人はそれぞれ特徴があり、高い能力を持っているので即戦力として期待している」とあいさつ。

 室田信正監督は「各選手がレベルアップしてチーム力をさらに向上させたい」と述べ、三選手を紹介...    
<記事全文を読む>