活発な動きを見せた。井口資仁監督は1軍のメイン球場にいたかと思うと気が付けば、2軍のグラウンドに移動。さらにブルペン、室内、サブグラウンド、施設練習場など石垣市中央運動公園内を所狭しと動き回った。その中で今岡真訪2軍監督と話し込む姿が目立った。

 「残していくメンバーの今後の動き方や課題などを話し合った。1軍と2軍は同じ考えを持って、同じ方向に動かないとダメ。連携は大事。その点、ウチは普段からしっかりと話をしているからね」と井口監督。

 11日は今岡2軍監督と共に2軍のシート打席を視察した。この日からリハビリ組だった三木亮内野手と山口航輝外野手が全体練習に合流し...    
<記事全文を読む>