社会人野球のヤマハは12日、来年度の入社を予定している3選手の会見を浜松市のヤマハ本社で開いた。入団するのは大本拓海捕手(22)=立命大、掛川西高出=、清水蓮投手(22)=共栄大、樹徳高出=、永浜晃汰内野手=東北福祉大、明秀日立高出=。「チームの日本一に貢献したい」と活躍を誓った。高井正人部長と室田信正監督が同席した。
 掛川西高時代、1年時から4番を担った大本は「長打力を武器に1年目から戦力に」と意気込む。ヤマハは幼いころから憧れのチーム。喜びはあるが「入って満足しない」と肝に銘じる。大学でバッテリーを組んだ坂本(DeNA)に刺激を受け、「2年後にプロに行くつもりでやらない...    
<記事全文を読む>