プロ野球楽天は十二日、元監督の野村克也さんが十一日に八十四歳で死去したことを受け、本拠地球場の楽天生命パーク宮城(仙台市宮城野区)に献花台を設置した。受け付けが始まる午前十時前から、球団関係者やファンらが長い列を成し、名将の死を悼んだ。十五日まで。

 球団創設二シーズン目の二〇〇六年に監督就任。大差での最下位に終わったチームの再建を期待され、〇九年には球団史上初のクライマックスシリーズ進出に導いた。

 宮城県多賀城市の介護士洞口伸弥さん(41)は、夫婦で献花に訪れた。二人とも楽天ファンで〇九年に結婚したといい、「日本一の土台を築いてくれたことへの感謝でいっぱい」...    
<記事全文を読む>