「NEW GENERATION IS HERE.」。新たなチームスローガンが映し出されたバックスクリーンに打球が突き刺さる。新外国人のオースティンがフリー打撃で柵越えを連発。米大リーグ通算33本塁打の右の大砲がついにベールを脱いだ。

 「ホームラン? あまり考えていなかったよ。強くたたくことだけを意識していた」と涼しい顔だ。レイズに移籍した筒香の代役として期待され、田代チーフ打撃コーチも「スイングスピードが速く、ライト方向を含めて広角に捉えられているのが良いな」とうなずいた。

 メジャーデビューした2016年。名門ヤンキースで初打席初安打がホ...    
<記事全文を読む>