プロ野球南海(現ソフトバンク)で戦後初の三冠王になるなど活躍し、監督としても南海、ヤクルト、阪神、楽天を率いた野村克也(のむらかつや)さんが十一日、虚血性心不全のため死去した。八十四歳。京都府出身。

 京都・峰山高から一九五四年、テスト生として南海に入団。強打の捕手として五七年に30本塁打で本塁打王になると、六二年には当時のパ・リーグ記録を塗り替える44本塁打を放った。六五年には打率3割2分、42本塁打、110打点で戦後初の三冠王に輝いた。七〇年に兼任監督に就任。七五年には史上二人目の通算600本塁打を記録した。

 捕手として「ささやき戦術」や投手のクイックモー...    
<記事全文を読む>