7日は、あいにくの雨となり1軍は久米島野球場の室内練習場中心の練習メニューをこなした。野手陣は打撃練習や守備練習に励んだ。全体練習後の個別メニューでは、今キャンプ初の特走があり、三木監督が鈴木大や銀次、茂木、新人のドラフト1位小深田(大阪ガス)らを指導した。
 投手陣は涌井や辛島、弓削らがブルペンでの投球練習を行った。
 この日は日本代表の稲葉監督が視察に訪れ、昨年11月に開催された国際大会「プレミア12」に出場した岸、浅村らとあいさつを交わした。

...    
<記事全文を読む>