◆西武春季キャンプ(7日、宮崎・南郷)

 フリー打撃に初登板し、昨季パ・リーグ最優秀選手(MVP)の森のバットをへし折った西武のドラフト1位の宮川哲投手(24)=東芝=は「まだ自分の思った通りの投球はできていないけど、いいボールもあった。力感は結構強く、7から8割で投げた」と振り返った。

 木村と森に対して計30球を投げ、安打性の当たりは3本。制球に苦しむ場面もあったが、ドラ1の力を見せた。
雨脚が強まる中、初めて打者相手に投球。木村からは二つの空振りを奪った。

 ただ高めに抜ける球も目立ち、昨季の首位打者の森にはじき返される場面もあった。...    
<記事全文を読む>