◆西武春季キャンプ(7日・南郷スタジアム)

 西武のドラフト1位の宮川哲投手(24)=東芝=が、今キャンプ初めて打撃投手として登板した。雨が降る中、同学年の森、木村に対し、計30球を投げ、安打性の当たりは3本だった。注目の森との初対決では詰まらせてバットを折る場面もあった。

 昨季のパ・リーグMVPの森は「この時期の割にはいい球がきていた。(バットが折れた場面は)詰まったっすね」と振り返った。関西出身の2人は中学時代に硬式のボーイズリーグで対戦経験があるという。

...    
<記事全文を読む>