◆西武春季キャンプ(6日、宮崎・南郷)

 西武の山川穂高内野手(28)が6日、全方位にアーチをかける「90度打法」での3年連続本塁打王を誓った。無駄な動きをそぎ落としたシンプルな打撃フォームに大改造。「全方向にホームランを打つのがテーマ」と言い切り、キングの座を揺るぎないものにする。

 フリー打撃では代名詞の左方向へ引っ張っての柵越えだけではなく、中堅から右方向への打球が増えた。「反対方向というよりセンター返し。本当はカンカン(左翼に)ホームランを打ちたいけど、我慢している。キャンプの段階ではストレスですけどね」と笑った。

 昨季は43本塁打のうち36...    
<記事全文を読む>