宮崎県日南市で行われているプロ野球広島の春季キャンプで2月5日、西川龍馬(福井・敦賀気比高校出身)がシート打撃で自慢の巧打を見せた。いきなり遠藤から右翼線二塁打を放ち、その後も内野安打、左前打と広角に打ち分け「1打席目に一発で仕留められたのは良かった。割と球が見えていた」と笑った。

 27試合続けて安打を放つなどした昨季は途中から1番打者を任され、打率2割9分7厘、16本塁打の好成績を残した。今季も内野手登録ながら外野のレギュラー定着を目指し「自分でポジションを取りに行く」と息巻いた。

...    
<記事全文を読む>