◆西武春季キャンプ(4日、宮崎・南郷)

 西武の金子侑司外野手(29)が4日、「ポスト秋山」への本格的なスタートを切った。今キャンプ初のシートノックで就いた守備位置は、米大リーグ・レッズに移籍した秋山が739試合連続フルイニングで守り続けた“聖域”の中堅だった。「思っていた以上にすっと入れた。守備範囲が広くなるのは、(自分にとって)悪いことじゃない。マイナスに考えず、長所を生かしていきたい」。昨季は主に左翼を守ったが、今季は秋山の穴があく中堅を任されることが確実だ。

 2度の盗塁王に輝いた金子にとっては、俊足を生かせる守備位置でもある。さ...    
<記事全文を読む>