プロ野球北海道日本ハムは4日、3月31日から4月26日までの本拠地15試合「北海道シリーズ2020WE LOVE HOKKAIDO」で着る限定ユニホームを発表した。胆振管内白老町にアイヌ文化復興拠点「民族共生象徴空間(ウポポイ)」が4月24日に開業することを記念し、アイヌ文様をモチーフにした。

 白地のユニホームの両肩と左脇腹にアイヌ文様がデザインされている。ウポポイは「大勢で歌う」ことを意味し、チームとファン、北海道が一丸となることを表現したという。

...    
<記事全文を読む>