◆西武春季キャンプ(3日、宮崎・南郷)

 来日2年目のザック・ニール(31)と新外国人のショーン・ノリン(30)両投手が節分の豆まきを体験した。

 ニールは191センチ、ノリンは193センチと迫力十分のコンビが鬼に見立てた報道陣に向かって力強く“剛球”をぶつけ、日本の伝統行事を楽しんだ。

 昨年チーム最多の12勝をマークしたニールはこの日、今キャンプで初めてブルペン投球。座った捕手の森に40球を投げ込んだ。「アメリカでも1週間くらい前に投げた。体の状態はいい。2年目なので、ある程度の流れも分かっている。体と会話しながら、けがをせ...    
<記事全文を読む>