横浜DeNAの春季キャンプ第1クール第3日は3日、沖縄県宜野湾市のアトムホームスタジアム宜野湾で行われ、神里が打撃投手を務めた進藤から本塁打を放つなど中堅のレギュラーポジション確保へアピールした。今キャンプで初めて4投手が打撃投手を務め、先発に転向する3年目の桜井が安定した制球と球威を披露し、開幕ローテーション入りへ首脳陣の評価を高めた。

 20分間に及ぶランチ時間の特打。したたる汗をユニホームの袖で拭いながら神里は逆方向へライナー性の打球を飛ばしていた。隣で右翼席にアーチを架ける同じ左打者の佐野とは対照的だった。

 ベイスターズ不動の切り込み隊長を目...    
<記事全文を読む>