1軍スタートだったドラフト6位の蝦名達夫外野手(22)が左手薬指の骨折で4日から2軍に合流する。2日の守備練習で、飛球をダイビングキャッチした際に痛めた。

 2日の全体練習後には約40分間に及ぶロングティーで柵越えを連発していた。ラミレス監督も「打撃練習もしていたので驚いている。かなり才能があり、見ていて楽しい選手。非常に残念」と早期の復帰を望んでいた。

...    
<記事全文を読む>