プロ野球・ヤクルトの奥川恭伸(やすのぶ)投手(星稜高3年)は3日、宮崎県西都(さいと)市のキャンプ地で投球練習を開始した。右肘の炎症による「ノースロー調整」から約3週間。奥川投手は「やっと野球ができるようになった」と喜びいっぱい。笑みの絶えないキャンプ3日目となった。
 自主トレーニング期間に炎症が発覚し、1月16日に投球禁止となっていた。投げたい気持ちを抑えながら2月1日にキャンプイン。初日に投球動作を繰り返し、スタッフに注意される場面もあったが、待望の投球解禁に心が躍った。練習開始前から満面の笑みで「昨日は山瀬(慎之助捕手・星稜高3年)が阿部(慎之助巨人2軍)監督にしごか...    
<記事全文を読む>