ドラフト2位の宇草が、フリー打撃でケムナと対戦。初めてプロの投手の球を打ち、13スイングで安打性の打球が2本、見逃しストライクが二つ、空振りが三つあった。右中間フェンスを直撃するライナーもあったが、「たまたまです。今日は(感覚が)悪かった。プロは当然、アマチュアの投手でも打てない」と反省した。

...    
<記事全文を読む>