◆西武春季キャンプ(2日、宮崎・南郷)

 西武の新外国人ショーン・ノリン投手(30)が2日、変幻自在の“二刀流”投法を披露した。

 来日後初ブルペンで40球。通常のオーバースローに加え、サイドスロー気味で投げ込み「どうやって生き残るかを考えて、投げる位置も工夫している」と説明した。

 193センチ、113キロの大きな体から持ち球のカーブ、スライダー、チェンジアップを投げ、時折、腕の位置を下げた。「全体的に調子は良かった。90パーセントほどの力で真っすぐも変化球もしっかり投げられた」と手応えを口にした。

 「メジャー...    
<記事全文を読む>