プロ野球12球団は1日、宮崎、沖縄両県で春季キャンプを一斉に始めた。パ・リーグの北海道日本ハムは、1軍が5年ぶりに沖縄県名護市のタピックスタジアム名護(名護市営球場)で始動し、夕暮れまでバットを振り込んだ。

 日本ハムは昨年までの4年間、使用球場の老朽化を理由に1軍は米国アリゾナ州でキャンプイン。球場が改修された今年は全日程を名護で実施。この日は好天に恵まれ、選手らは午前9時から午後5時30分まで打撃や守備練習をこなした。

...    
<記事全文を読む>