12点リードで迎えた第3クオーターに、レバンガの悪癖が出た。開始直後から攻守にプレーの強度を欠き、いきなり6連続失点。これで流れが富山に傾いた。

 今のレバンガには苦しい時間帯をしのぎ、はね返す底力がない。富山には勝負強さがあり、阿部(元レバンガ)が第3クオーターだけで4本の3点シュートを決めた。レバンガは第4クオーター5分すぎ、63―63の勝負どころでシュートミスが続き、その間に9連続失点して突き放された。「相手の追い上げで浮足だった」と内海ヘッドコーチ(HC)は言う。

 昨年末にホームで富山に2戦連続で逆転負けしてから続く連敗は10に伸びた。昨季終盤にリーグ...    
<記事全文を読む>