14年ぶりに古巣に復帰した西武の松坂大輔投手(39)が31日、キャンプでのブルペン入りについて見通しを明かした。この日、春季キャンプ地の宮崎・南郷入り。初日にブルペン入りについては「入らないと思います」と明言した。

 チームカラーの青いネクタイを締め、プロ22年目のスタートとなるキャンプ地に降り立った。昨季は中日で未勝利に終わったものの、古巣から戦力として声が掛かった。「しっかりトレーニングをして、有意義な期間にしたい」。沖縄での自主トレでは最長70メートルの遠投まで行っており、仕上がりは順調な様子だ。

 だからこそ、焦らずに調整を進める。ブルペン入りの時期につ...    
<記事全文を読む>