キャンプインを翌日に控えた31日、横浜DeNAの1、2軍の選手は那覇空港に到着し、キャンプ地の沖縄県宜野湾市、嘉手納町に入った。1軍宿舎で行われた歓迎セレモニーで、ラミレス監督は「ここから新しい1年が始まる。われわれは昨季2位だったが、一生懸命練習に取り組んで目標を達成したい」とリーグ優勝へ意気込みを表明した。

 その後、1、2軍の選手と監督、コーチ、スタッフで2時間近くに及ぶ全体ミーティングを行い、練習内容などを確認。南場智子オーナーや岡村信悟球団社長も参加し、ナインらを激励した。

 キャンプは1軍がアトムホームスタジアム宜野湾で(休日は2...    
<記事全文を読む>