横浜や楽天、ドジャースなど日米通算で23年間プレーし、今季からヤクルトの1軍投手コーチに就任した斎藤隆さん(49)の講演は示唆に富んでいた。1月中旬に開かれた「神奈川学童野球指導者セミナー」(神奈川新聞社など後援)で語ったのは、子どもとの接し方や指導論、野球の魅力…。幼少期の記憶や米大リーグ時代の経験を踏まえ、選手がミスを恐れず前向きにプレーできる環境の大切さを強調した。

怒らないで

 「子どもたちは必死にやっているので、『何でできないんだ』『どうしてなんだ』と怒らないでほしい。できなかった時こそチャンスの...    
<記事全文を読む>