9人制バレーボール女子の強豪デンソーテン(神戸市兵庫区)が2019年シーズン、三大大会で9年ぶりに2冠に輝いた。前半こそ苦しんだが、長所を伸ばす練習とミーティングを徹底して勝負強さを備え、2季連続タイトルを独占していたパナソニックを撃破。3年4カ月遠ざかっていた日本一にたどり着いた。

 三大大会すべて準優勝に終わった18年シーズン後、主力ら5人が引退して若手主体に。序盤は「メンタルの弱さが出た」(竹口監督)といい、6~8月のV9チャンプリーグは3位にとどまった。

...    
<記事全文を読む>