日本バレーボール協会は27日、東京五輪代表候補となることしの日本代表女子の登録選手29人を発表し、今季V1で準優勝した岡山シーガルズからは2016年リオデジャネイロ五輪代表でセッターの宮下遥、青学大出で入団1年目のセンター及川真夢が選出された。

 シーガルズから複数の選出は4年ぶり。25歳の宮下は11年連続の代表入りで昨年はワールドカップ(W杯)に出場。V1では多彩な攻撃を指揮して6季ぶり2度目の決勝進出に導いた。23歳の及川は初選出。V1では鋭い速攻やサーブを武器に主力を務め、昨夏はユニバーシアードで日本の銅メダル獲得に貢献した。

 主将は3シーズン務めた岩坂...    
<記事全文を読む>