Vリーグの特別表彰式が26日、プレーオフ決勝会場の国立代々木競技場で行われ、岡山シーガルズで17年間プレーし、昨季限りで引退した前主将の山口舞さん(36)=岡山市=が功労者表彰を受けた。

 長年リーグの発展に貢献した選手らに贈られる。Vリーグ機構の嶋岡健治会長からトロフィーが手渡され「17年続けられたのはチームメートや応援してくれた皆さんのおかげ。今後もバレー界を盛り上げたい」と語った。

 山口さんは大阪国際滝井高から2002年にシーガルズに入団。移動攻撃を武器に国内屈指のセンターに成長し、14年の準優勝などに貢献した。昨季はVリーグ歴代1位...    
<記事全文を読む>