バレーボールのV1は12日、さいたま市のサイデン化学アリーナなどで行われ、女子プレーオフ(PO)でファイナル8B組の岡山シーガルズ(プレミアカンファレンス2位)はトヨタ車体(スターカンファレス3位)を3―2で下して白星スタート。持ち点2にフルセット勝利の勝ち点2を加え、準決勝進出圏の2位につけた。

 シーガルズは佐々木のアタックを軸に第1、第3セットを奪って王手をかけたが、第4セットは相手エースのネリマンの強打を防ぎ切れずにフルセットに持ち込まれた。第5セットは出だしから金田が立て続けに得点し、15―8と圧倒した。

 JT(スター1位)は久光...    
<記事全文を読む>