1964年東京と76年モントリオール、日本が五輪で2度金メダルに輝いたバレーボール女子。注目度の高い競技で、石井優希(28)=久光製薬、練習拠点・神戸市西区=は堂々と「エース」と口にするようになった。国を背負う重みをかみしめながら、戦い続ける。(聞き手・金山成美)

 -攻守の要のアウトサイドヒッターとして、目指す選手像がある。

...    
<記事全文を読む>