バレーボールのV1は5日、愛知県の岡崎市総合体育館などで女子のレギュラーラウンド最終2試合が行われ、プレミアカンファレンス2位の岡山シーガルズは首位デンソーを3―0で下し、3連勝で同ラウンドを終えた。通算15勝6敗(勝ち点45)で勝率7割1分4厘はチーム過去最高成績。各カンファレンス上位4チームは11日からのプレーオフ(PO)に臨む。

 シーガルズは第1セット、金田の強打、川島の速攻などで優位に進め、ジュースの末に奪取。第2、第3セットも競り合う展開から攻守がかみ合い、ストレート勝ちした。これまでの最高勝率は2001―02年シーズンの6割2分5厘(10勝6敗)だっ...    
<記事全文を読む>