バレーボールの全日本高校選手権は5日、東京都調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕する。本県代表の男子の山形南と女子の山形商はそれぞれ6日の2回戦から登場。大舞台でどんな戦いを見せるか。 【男子・山形南】要の主将、調子上げる 積極的なプレーで全国に挑む山形南=山形市・同校 積極的なプレーで全国に挑む山形南=山形市・同校  男子の山南は10年ぶり11度目の出場となる。県代表決定戦は辛抱強くレシーブをつなぎ、硬軟織り交ぜたコンビバレーで勝ち抜いた。小俣幸二監督は「一つ一つのプレー精度を高めて全国に挑む」と意気込む。  チームをけん引するのは182センチの主将・佐藤優大。決勝の山形城北戦は...    
<記事全文を読む>