スーパーラグビー(SR)の日本チーム、サンウルブズは2月1日のレベルズ(オーストラリア)との開幕戦(福岡・レベルファイブスタジアム)から「ラストシーズン」が始まる。31日付で、練習生から正スコッドに昇格する福岡・東筑高出身のCTB中野将伍(早大)はいきなりリザーブとして開幕メンバー入りした。参加の経緯や3年後のワールドカップ(W杯)フランス大会への思いなど本紙の単独インタビューで明かした。

 (大窪正一)

■サントリーへ

 -早大で大学日本一になった11日の大学選手権決勝後、チームに合流した。

 「14日に早大ラグビー部の今季最後のミーティングがあり、...    
<記事全文を読む>