第75回国民体育大会冬季大会スケート・アイスホッケー競技会「氷都新時代!八戸国体」は29日、青森県八戸市など3市町で熱戦が始まった。三沢市ではフィギュアスケートが行われ、少年男子で青森県は2009年の「みちのく八戸国体」以来の出場となった。今大会に出場した小形冴々也(ささや)(三沢商3年)、加賀谷脩人(はると)(八戸高2年)の両選手は、同じクラブのチームメートとして支え合いながら、11年ぶりの大舞台に挑んだ。

...    
<記事全文を読む>