長野県は29日、東京五輪の聖火リレーで県内を走るランナーの第2次内定者を発表した。県出身者では平昌冬季五輪スピードスケート女子金メダルの小平奈緒選手(33)、宇宙飛行士の油井亀美也さん(50)、タレントの峰竜太さん(67)らが選ばれた。1998年長野五輪で聖火を聖火台に点火したフィギュアスケートの伊藤みどりさん(50)も名を連ねた。

 小平選手は「長野五輪で抱いた感動が平昌、さらに東京五輪で多くの人につながるように応援のバトンをつなげる」と話し、油井さんは「宇宙では秒速8キロの速さで飛び回り美しい地球を眺めてきた。リレーでは時速8キロで美しい故郷を走り地元の人と触れ合いたい...    
<記事全文を読む>