昨年のラグビ-・ワ-ルドカップ(W杯)日本大会で日本代表の主将を務めたリ-チ・マイケル選手が29日、母校の東海大湘南キャンパス(平塚市)に凱旋した。恩師らとの対談を通じて後輩たちに「1人1人は弱くてもチ-ムで戦えば強い」と強調、史上初の8強入りを成し遂げた「ワンチ-ム」の精神を伝えた。

 「東海大ほどハ-ドな練習はなかった。大変な4年間だったけど、今の自分の財産であり土台」

 学生ら約1800人が詰めかけたホ-ル。ひたすら走り込む過酷な練習「根性練」を振り返り、恩師らへの感謝を口にするリ-チ選手に、会場の熱視線が注がれた。

<記事全文を読む>