【青森・八戸=石田貞之、田中憲一】第75回国体冬季大会スケート・アイスホッケー競技会(氷都新時代! 八戸国体)が29日開幕した。本県からはスピード、ショートトラック競技に選手、役員合わせて58人が参加。フィギュア、アイスホッケー競技と合わせ八戸市を中心に2月2日まで熱戦を繰り広げる。

 開始式は昨年9月に新設された国内3番目となる屋内リンク、YSアリーナ八戸で行われた。群馬の旗手でスピード成年女子の樋沙織(高崎健大、嬬恋高出身)が地元高校の吹奏楽演奏と合唱に合わせて入場した。参加した群馬県関係者5人は、群馬県の紹介に合わせて、観客席に向かってぐんまちゃんのぬいぐる...    
<記事全文を読む>