佐賀県内のソフトボールの指導力向上を図るセミナーが26日、小城市牛津町の牛津高で開かれた。トヨタ自動車女子ソフトボール部「レッドテリアーズ」の福田五志名誉監督やOGで元投手の山根佐由里さんが、チームづくりや技術指導の要点などを伝えた。

 講義と実技に分けて実施。講義では、福田名誉監督がチームづくりや選手との向き合い方などを伝授した。観察して選手の変化に気付き、コミュニケーションを取ることや、明確に目標を設定して選手ごとに評価する必要性などを説いた。指導者には「専門性と人間力が大事」と強調し、「選手以上に競技の専門性を身に付け、周囲にいい影響を与えるような人間力を磨いて」と呼...    
<記事全文を読む>