東京五輪の男女サッカー競技が開かれる宮城スタジアム(宮城県利府町)の交通対策を検討する宮城県輸送連絡調整会議の会合が28日、仙台市青葉区であった。自家用車からシャトルバスに乗り換えて会場に向かう「パーク・アンド・バスライド」に関し、バスの発着点を仙台市など3カ所に設ける方針を確認した。
 自家用車駐車場とバス発着点となるのは、(1)仙台市宮城野区の仙台港周辺の県有地(駐車台数950台)(2)同県大衡村の第二仙台北部中核工業団地(700台)(3)利府町の加瀬沼公園(250台)。(1)(2)のルートは東北自動車道など高速道路を活用。(3)は県道などを通る。1日当たりの輸送人数は計...    
<記事全文を読む>