第75回国体冬季大会スケート・アイスホッケー競技会(氷都新時代!八戸国体、29日開幕)を前に、群馬県選手団の結団式が28日、青森県八戸市内のホテルで行われ、選手や監督らが活躍を誓い合った。

 松本博崇団長(県スポーツ協会理事長)は今年の国体で先陣を切る大会に「しっかりスタートダッシュを決めて群馬に弾みを付けてほしい。程よい緊張感を持ちながら自信を持って臨んで」と激励した。

...    
<記事全文を読む>