世界ボクシング機構(WBO)女子ミニマム級王座決定戦10回戦は28日、東京・後楽園ホールで行われ、38歳の多田悦子(真正、兵庫県西宮市出身)、36歳の宮尾綾香(ワタナベ)による元世界王者対決は三者三様の判定で引き分けた。

 「不細工な試合をしてしまった」。戦い終えた多田は声を震わせた。ドローという結果以上に、自らの戦いぶりが悔しかった。

...    
<記事全文を読む>