国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー競技会(29日~2月2日・青森県)の開幕を前に、現地入りした岡山県選手団は28日、各会場などで公式練習に臨み、本番へ向けてコンディションを整えた。

 29日に1回戦を控えるアイスホッケーの少年と成年チームは八戸市のテクノルアイスパーク八戸で合同で最終調整した。GKとの1対1や攻守のパターン練習などで連係や氷の感触を確認。試合形式の練習も行い、実戦感覚を研ぎ澄ました。

 少年は初戦の福岡戦に勝てば7年ぶりの8強入りで、岡山勢入賞確定1号となる。GK藤田(明誠学院高)は「氷は動きやすい。攻撃陣は調子が良...    
<記事全文を読む>