開幕まで半年を切った東京五輪では、若者に人気が高い都市型スポーツが採用される。五輪の代表争いを独走し、本番でもメダル獲得が期待されているのが、スケートボード・ストリート男子の堀米雄斗(XFLAG)と自転車BMXフリースタイル・パーク男子の中村輪夢(ウイングアーク1st)。若き2人のエースが本紙の取材に対し、五輪への思いを語った。

 (多園尚樹)

◆BMX・中村輪夢「納得いく走りを」

 -昨季はワールドカップで年間総合優勝。成長が著しい。

 「常に上を目指している。世界一になっても正直、満足していない。数日間はうれ...    
<記事全文を読む>